Blog

お電話は(0946)21-8001 まで

はじめて来院される方

当院を初めてご利用になられる方は、ご予約フォームに必要項目をご入力のうえ、ご送信ください。 なお、お急ぎの場合にはお電話でのご予約も受け付けております。(TEL:0946-21-8001)

歯周病・再生療法

歯周病とは?

歯周病は歯を支える歯周組織である骨や歯肉の病気をいいます。軽度のうちにブラッシングの改善と治療をしておかないと、歯の土台である歯槽骨がだんだん無くなりグラついて、ついには歯が抜けてしまいます。歯肉がはれて血や膿が出たり、口臭がしたりし始めたら、それは歯周病の合図です。できる限り治療を受けるようにしましょう。

軽度の歯周病治療とは?

軽度の歯周病の場合は、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)にたまったプラークや歯石をきれいに取り除いてあげるだけで改善されます。歯周病の初期症状が出始めたら、専門家による歯の清掃(PMTC)や歯石取りを受けるようにしましょう。

高度の歯周病治療

高度の歯周病(歯がぐらつく、歯が抜ける)で以前までは抜くしか治療法がなかったという歯も、歯の周りの骨を再生させる技術が発達したおかげで、抜歯を避けられるケースも増えています。

再生療法とは?

再生療法とは、失われた歯周組織を再生させその機能を回復させる治療のことで、歯周病で失われた歯をよみがえらせることが可能になります。また、歯の寿命を伸ばすことにもつながるため、自分の持つ歯の保存のためには最も期待される治療となります。
再生療法には、「エムドゲイン」、「GBR(骨再生)」、「GTR(人工膜を使って歯周組織を再生)」という3種類の治療法があります。

エムドゲイン

エムドゲインは歯が生えるときに重要な役割をするたんぱく質が主成分で、これを歯周病で失いかけている歯周組織に塗ることで、歯が生えるときと同じように歯根膜・歯槽骨・セメント質が再生されるという治療法です。
歯周組織の再生には時間はかかりますが、もし再生療法で治療できる範囲であれば抜歯を避けられる可能性が高くなるので、あきらめる前に一度ご相談ください。

歯肉構内を切開します。

歯根の清掃をします。

エムドゲインを塗布します。

切開した箇所を縫合して完了です。

PAGE TOP